Magazine

 私たちは何をやってきたのか。

 私たちは何をやれるのか。

 私たちは何をやろうとしているのか。 

 

UNSHAPEのお知らせやメンバーの些細な日常をお送りします。

波と邂逅 / ど(い) 【UNSHAPE Art Festival】

最終更新: 7月22日



活動名 ど(い)

UNSHAPE Brand Directorとして活動

twitter @spoon_germany

instagram @spoon_doi

spoonユーザーをはじめとする、アーティストや表現者、弾き語りやバンドのwebサイト制作・映像制作・ブランディングやマーケティングなどについて相談受け付けてます!


【作品情報】

タイトル 波と邂逅

作品形態 

キャンバスF4(33cm×24cm)6枚

アクリル絵具・ペンキ・他


制作期間 

構想7日 制作12時間


作品のテーマ


音楽自体、音楽を聴くことによる心象とその変化、実体としての音楽プロダクトの抽象化、音楽によって繋がる人やモノ、そうしたものを一つの作品に詰め込んで表現しました。



作品に込めた思い


音は空気の振動で波としてつたわり、そこには法則がある。

リズム、メロディー、ハーモニーが意図的かつ偶発的に生まれ、奏者が、演者が、聞き手が、楽しんだり意味を見出す音楽自体の楽しさ。

能動的であったり、受動的であったりする音楽の楽しみの中で生まれる心の動き。

体内に流れ込んでくるイメージや波にたゆたう、飲み込まれる、浸るといった感覚。

アルバムの1曲目と最後の曲が全く印象が違うこと、通して聞くことで初めて気づかされる大きな流れ、アーティストの楽曲とアーティストらしさ、ジャンル、音楽シーン、時代、点と点とが線となり流れとなり大きな音楽というものを作っていくこと。

そんなことをグダグダと考えて考えて考えて疲れちゃったので、一回全部忘れてどかああああっと作品にぶつけました。



作品のこだわり


この作品には先述の通り複数のテーマを詰め込んでいます。

見る人によって見え方や感じ方が変わり、これはこういう意味なんじゃないか、ここにはこういう仕掛けがあるんじゃないか・・・といった観た人同士によるコミュニケーションが生まれるような作品を目指して作りました。



自身で気に入っているところ


離れた絵を組み合わせると一つの作品には見えないところ。まったく違う絵が6枚あることで一つの作品に見える点が、音楽アルバムやアーティストの楽曲のあり方を表せた気がします。

あとは、自分が欲しいと思っているものじゃないと作りたくなかったので、部屋に飾っても違和感のない連作にできたこと。


自身でもっとこうすればよかったというところ


作品自体ができたあと、webサイトに掲載するため写真を取ったのですが、なかなか実物を見たときの表情が出せず、作品の雰囲気を伝えきれなかったかなぁと思ってます。


着想インスピレーションはどこから湧きましたか


インスピレーション自体は、テーマを聞いた瞬間に決まりました。元々欲しかった絵、やってみたかった画法などがうまいこと合致したなと。ただ、使う色や構成、6枚の作品に仕上げることなどはかなり悩みました。


制作


フルイドアート・ポーリングアートなんてワードで調べたら出てきます。誰でも簡単にできるので、家族や友人と楽しんでみるのもいいかもしれません!


ペンキとアクリル絵の具を足して色を作り、それぞれの混ざり具合や模様の出方が混ぜる材料によって大きく変化するので、どの材料を使うのかに迷いました。ジェッソやシリコンオイル、レザーバインダーなど、何種類も試して、色の重さなどを調整しました。


作品を見た方からの感想一部抜粋


・音は波で、音楽を聴いた時に心の中に波が出来るみたいに揺蕩って、色んなものが混ざり合っていく様子が想像でき、1番自分の中でしっくりきたから。


・波の穏やかでもさまざまな表情を表現されているように感じました。音楽も同様、作り手、聞き手、一曲でも条件によって変わっていくと思います。


・感動しました!色とりどりの波が虹のようです。音楽が心に溢れてくるイメージでいっぱいになりました。



UNSHAPEのArt Festivalに参加した感想


普段アートや美術、芸術とは無縁の門外漢の私が、ArtFestivalに参加すること、運営することで、かなり悩みました。

どのようにすれば皆様の作品を一番いい状態で見せられるか、多くの方に見てもらうには、アートってなんだ、芸術・美術ってなんだ、そんなことばかり考えてた1ヶ月でした。

まだその答えは出ていませんが、悩み続けようと思えるいい機会でした。

そして、何よりアート活動って、金も時間も体力も使うんだなーと改めて感じました。 今後UNSHAPEとして、素敵な作品を作れるのに、続けるのが難しい、認知の獲得が得られない、などの悩みを少しばかりでも支援してお手伝いできるような活動をしなければ・・!それこそが私が参画した意味だ!と再認識しました。


【活動PR】


今後はUNSHAPEのメンバーとして、UNSHAPEの各種イベントや取り組みに協力してくださる方々のサポート・支援を行っていきたいと思っています。


”好きなことを好きといいつづけられる世の中”

を目指して各種活動に取り組んでまいります。

皆様も、UNSHAPEが何かやってるさいは是非楽しんでくれたら、それが一番嬉しいです。


改めて、忙しい中UNSHAPE Art Festivalにご参加いただき誠にありがとうございました!引き続き皆様が楽しめるような企画や活動を行って参りますので、UNSHAPEを何卒よろしくお願いいたします。



UNSHAPE Art Festival 担当 ど(い)

Series
image2.jpg

カフェ業界に長く勤める代表 藤色のトキが送る

コーヒーから始まる日常と気づきを与えるコラム。

コーヒーブレイクに聞きたい音楽とともに

毎週月曜日に更新

CONTACT

UNSHAPE: 

unshape.rtd@gmail.com

@unshape_rtd

 

© 2020 by UNSHAPE